手嶋龍一

手嶋龍一

手嶋龍一オフィシャルサイト HOME

メッセージ

 トランプ政権の「カジノ経済」

 トランプ大統領のその場凌ぎの政権運営が依然として続いている。その手法は、トランプ氏がかつて所有していたカジノでルーレットにチップを張るさまにたとえることができるかもしれない。
 この政権の本質を正確に理解したければ、「カジノの研究」は避けて通れまい。自分の決断に圧倒的な自信を持ち、詳細な現状分析やデータの検証などには頓着しない。勘を頼りに瞬時に大金を賭場に賭けるのと似ている。これこそ、アメリカの経営者や政治リーダーに脈々と受け継がれてきた「反知性主義」の典型と言っていい。

[続きを読む...]

新着情報


汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師~インテリジェンス畸人伝

新作
汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師~インテリジェンス畸人伝
マガジンハウス
11月17日発売

 現代史を彩ったスパイたちの素顔を描く書下ろしノンフィクション。 「古今東西、稀代のスパイの物語は、どんな恋愛よりロマンチックであり、どんなミステリーよりスリリングである」 世紀のスパイ、リヒャルト・ゾルゲ、華麗なる二重スパイ、キム・フィルビー、稀代のハッカー、ジュリアン・アサンジ――彼らは、世界を揺るがす超一級の情報をいかにして手に入れたのか。人間味あふれるスパイたちが繰り広げるドラマチックなストーリーは、今の時代を生き抜くために欠かせない、インテリジェンスセンスを磨く最高のテキストだ。


「反知性主義とは」(静岡新聞「論壇」)をスティーブンズ・クラブに掲載しました。(2017年3月13日)

「危険な作家 手嶋龍一」(『ブルータス』)を掲載しました。(2017年3月13日)

3月16日(木) 13:55-15:50 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演します。

幻の予定稿「ヒラリーのほろ苦い勝利が意味するもの」をスティーブン ズ・クラブに掲載しました。(2017年3月6日)

「トランプ政権内に空洞」(北國新聞「北風抄」)をスティーブンズ・クラブに掲載しました。(2017年3月6日)

映画「マン・ダウン 戦士の約束」解説を掲載しました。(2017年3月6日)

毎日新聞「著者のことば」を掲載しました。(2017年3月6日)

『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』(銀座百点 「BOOK教文館」)を掲載しました。(2017年3月6日)

「情報小国の誤った判断」(静岡新聞「論壇」)をスティーブンズ・クラブに掲載しました。(2017年2月27日)

「インテリジェンスの本質 それはスパイの人間力だ」(週刊文春「Close Up」)を掲載しました。(2017年2月27日)

「凋落する理念の共和国」(WEBコラム「OPINION」)を掲載しました。(2017年2月14日)

「大統領令で分断される米国」(静岡新聞「論壇」)をスティーブンズ・クラブに掲載しました。(2017年2月14日)